初めの一歩   

家を建てる。
その初めの一歩は土地をみる。
「みる」の意味はとても大きく表現して「感じる」こと。
昨日は「晴耕雨読の家」建築計画の土地を仕事仲間であり、今回設計を相談している若杉伸二さんにみてもらった。
f0031420_7423329.jpg

感想は
「う~~~!よか」
この言葉を神のお告げのように受け止める。
感性と経験と動物の臭覚のような力をお持ちの若杉さんに土地をみてもらい、初めの一歩はスタートしました。
[PR]

by k2kikiya | 2009-05-01 07:45 | 家づくり | Comments(0)

<< フリオ・ゴヤ彫刻展 予感 >>