「Y邸プロジェクト」完成前夜祭   

先日は夕方から器季家でもうすぐ完成のY邸ご家族と最終工程打ち合わせがありました。
私の役目は前夜祭の準備。

Y氏は私より10歳ほどお若いのに好きな曲の趣味がぴったり。
大好きなBGMと美味しいお酒と私がつくったので評価は難しい料理で
打ち合わせの後はY邸完成前夜祭となりました。

最近本当に幸せだと思うことがあります。

それは家づくりに関わるスタッフの仕事に対する意識の高さと
当たり前のようで難しい「お客さま」とのご縁です。

ハウスメーカー時代の会社での話題は「数字」
どれだけ利益が取れたか。
契約金はいつ入るか。
来月の見込み客は?
年間貢献度で次年度の報酬が決まる・・・。
などなど

企業ではごく当たり前のテーマと会議ばかりでした。
「顧客満足」という言葉は耳にたこができるほど
聞きましたが
本当に建てたお客様と永いお付き合いをしている社員の方が
何人いらっしゃるか疑問でした。

私は主婦から営業ウーマンになったので
お客様の立場に一番近い感覚で会社を見ていたような気がします。

そんな時代を経て、
今の仕事を考えると、
私が理想としていた「家づくり」のかたちは、現在のプロデュース業なのだ!
と思います。

会社の大きさやコマーシャル等の影響力は無いけれど
こんな家に住みたい。
こんな暮らしがしたい。
こんな方に設計してもらいたい。
というご家族の気持ちや願いを受け止め
「家づくりプロジェクトチーム」を結成します。
ここで、チームメンバーを決めるのもプロデューサーの役目。
というか、
ここが一番要の部分だと思っています。

私のわがままを出すところです。
(建築家、現場監督、コーディネーターのメンバー決めには深い思いがあります)
当然、お客様のことを一番に考えてのことです。

そのチームの力+お客様の思いが「家」という形で
もうすぐ完成するのです。
前夜祭ができるなんて素敵だと思いませんか?

今月末には引渡しで、引越しは来月はじめ。
新築祝いのおでんパーティーはいつかな?

なんて私は幸せ者でしょう?!

前夜祭の様子や頂いたお酒もデジカメに撮ったのに
プリンターの調子が悪くて
載せられないのが残念です。

Y家のご家族の皆様、プロジェクトチームのみんな
ありがとうございます。
これからも末永くよろしくお願いします。
[PR]

by k2kikiya | 2006-03-06 11:22 | 家づくり | Comments(1)

Commented by a7_maserati222se at 2006-03-06 18:07
土曜日はお世話になりました。ankumiさんの手料理はおいしかった!!Y邸のご家族が満足してお引越し出来るよう、最後までがんばります。”前夜祭”これから恒例行事にしていけるといいですね^^

<< 映画は心の栄養剤 他力で活きる >>