紙一重   

息子が高校2年の時、ショッキングな言葉を発した。
「お母さんの恋愛は錯覚と誤解から始まる」
彼の言葉は、真髄をついていて、一瞬納得してうなずいた。
この話は、私が皆に言いふらして有名な話。

あれから、6年くらい経つけど未だに私は成長を遂げていない。
思い込みが強い。
恋愛以前に、生き方についても「妄想」と「構想」が紙一重の状態。
最近、仕事やこれからの暮らし方を考えると、楽しくて眠れないことがある。
本当に「幸せ者」だ。
これして、あれして、と本人は事業計画や人生計画を前向きに考えているつもり。
つまり、構想を練っている。
でも、傍から見たら「妄想」かも。
・・・。

でも良い!
必ず私が今考えていることは、熊本で誰かがスタートさせるはず。
考え方は間違っていない。
これは確信できる。
ただ
残念なことに軍資金が無い。
たぶん、中央の企業がフランチャイズか、新規事業で進めるだろう。
そうなると
勝負は、小回りが利く個人の地域密着・ネットワークと情熱。

微力でもコツコツ始めよう!

詳しい内容はいずれまた。
[PR]

by k2kikiya | 2009-04-01 19:53 | ひと

<< 平屋の家 食のわ~・輪・和! >>