食のわ~・輪・和!   

最近、本当に不思議な輪の広がりを感じます。
これは娘がベジタリアンになってからの頃ですが。
それまで私の食生活はみだれっぱなし。
孫の為に元気なおっぱいを飲ませなくてはの気持ちで、娘につくり続けた玄米・菜食のごはん。
それからの出会いや繋がりに・・・。

憧れのミュージシャン西村和真さんが玄米・菜食の生活をされていると知り、驚き。
f0031420_20151220.jpg

そして、明日から新しい会社を立ち上げるという、デザイナーの宮島秀生さんは、農業大学で果実の栽培を勉強されていたと聞きました。。
もう何年も仕事でお付き合いしてきたのに彼の経歴は知らなかった。
「ところで、次の会社の名前は?」とたずねると
グリ[わ]プロ
何?グリってグリーン?野菜のこと。
すなわち農家の野菜を流通する為のデザイナーとしての仕事。
農家と消費者を繋ぐ流通販売に関するパッケージや広告や文書作成などなど。

「わ~!」と思わず叫んだ。
私が以前から興味があり、必要としていたこと。作ることに必死な農家の為に「売る」を意識するお手伝い。
もちろん安心で美味しく、生産者の顔が見える作物であることが条件です。

先日は沖縄在住で、砂糖きびの粉末を開発する綱田誠さんに熊本で再会したばかり。
「食」に関する色んなわ~!が輪になり、日本の和の食文化を見直す時代が本当に来たと感じる。
何だか不思議で楽しくて、奥の深い世界の仲間が沢山増えそう・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-31 20:13 | 美味しいもの | Comments(2)

Commented by とも at 2009-04-01 09:44 x
うわ、宮島さん、新しい会社を立ち上げるのですね!。素敵な会社になることでしょう。

>作ることに必死な農家の為に「売る」を意識するお手伝い。

ワタシもなにかできないかと、最近思っています。
というのは、先日行ったレストランで「熊本産のホワイトアスパラはないですか?」と聞かれました。ワタシは思いつかなかったので「しりませ〜ん」と答えたのですが、ダンナさんがアスパラ農家さんに聞いたところ「作ってみたことはあったけど、売れなかったので作るのやめた」とのこと。

どちらももったいない!と思ったのです。そういう「需要」と「供給」を結びつけることができないだろうか?ぼや〜っと考えているところです。具体的に何が出来るのか分からないけど。
Commented by k2kikiya at 2009-04-01 11:16
ともさん!ワクワクドキドキの食の輪づくりに参加しましょ!具合的には私も何も出来ないけど、意識して「食」を考えると結果的には大きな環境問題にまで発展していきます。ふ~!でも楽しそうです。

<< 紙一重 次世代へ繋ぐもの >>