春の夜空を見上げて囁いて。   

ヴォーカルレッスンの二曲目の曲を選んでおいてね。
と、やすこ先生からの宿題。
まだ「Ca’t Help Falling In Love」もやっとこさで歌詞を覚えてひと通り唄えるレベルで、
次の曲と言われましても・・・。

毎日何気に聴いている中で、スタンダードジャズのラブソングに絞りこみ
軽く乗れるリズムで
歌詞が短く
憶えやすい愛の歌。

ありました。
「Fly Me To The Moon」
f0031420_1824998.jpg

クリス・コナーが1995年4月に録音したものです。ほんとにシンプルですが何回聞いても飽きの来ない歌声。

でも、歌詞が分からない。
私の選曲は歌詞が重要。

そこで、曲名を検索したら、YouTubeでナット・キングコールが唄っているものに歌詞が流れる画像が。(赤字をクリックすると聴けます)

素敵!のひと言。
歌声も歌詞の内容も。すべて。

良いものは時代を経てもやっぱり良い!

この曲は春のラブソングでした。自分のセレクトに喜んでおります。

私が歌える頃はきっと夏の終わりくらいかも・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-02 18:04 | 季節

<< ひな祭り前夜祭 自分の性格 >>