人のことは・・・。   

昨夜のおとなの書道教室「寧々塾」には飛び入り参加者が。
表装士の廣石正明さんとインテリアコーディネーターの藤山祐子さん。
お二人とも仕事場では代表という立場。
f0031420_10261828.jpg
f0031420_10264927.jpg
f0031420_10274939.jpg

そして、書道家・稲田先生と「勝手に応援し隊」の隊員安藤で、教室の後に仕事話が繰り広げられました。
私を除く三人はそれぞれにカタチを表現できる方々。
それが書であったり、表装、空間創りのインテリアだったり。
表現や手法は違っても、「無」から「有」へ創り上げることができる人たち。
「あご」しか表現方法のない私から見たら羨ましい!
でも
その表現や技や力をどのようにして、周りに伝え、知ってもらい、仕事として動けば良いのか???
これが
難しいらしい。

私は人のことはよく見えるし、アイディアが浮かびます。
どうやって、この人を活かしたら良いのか!
どんなステージをつくれば良いのか!

色々アドバイスや「いらん世話」の話をした後に思ったこと。

最後は
「個人力」と「気づき」

周りのよきアドバイスや情報があったとしても、本当に自分軸をしっかり持ち、これだ!と自分で確信した道をコツコツと進むしかないと思います。

仕事の質は落とさず、自分軸はずらさず、常に周りに目を向けながら確実にゆっくり前進。
もちろん軌道修正はいつでも可能。
常に活路あり!です。
[PR]

by k2kikiya | 2009-02-27 10:39 | ひと | Comments(0)

<< 波動 陶芸家・山本幸一 >>