マグマからの贈りもの   

人に惚れるか作品に惚れるか!
出会いはいつもさまざま。
阿蘇坊窯は作品より先に人に惚れたかな!?
f0031420_1844182.jpg

今日は伝統工芸館の陶展へ。
いつも変わらない優しい笑顔で迎えてくれました。
陶芸家・山下太さん。初めてお会いしたのは2年前。ステンドグラス作家の塩田さんと「阿蘇の創り人展」を企画して器季家で開催しました。
彼の明るく素直で、創作に対する柔軟な姿勢が、進化し続ける作品に出ています。
花器や手洗い器は職業柄、すぐ目に付く。とても良い!素材感もデザインも素敵。
f0031420_1841469.jpg

f0031420_18414355.jpg
山下さんならではの土との戯れ。樹氷のような模様は土を阿蘇の寒中、屋外で凍らせたもの。
f0031420_1850411.jpg

真似できない自然の恵みです。
f0031420_1846763.jpg

木工作家の弟さんの作品も展示してあります。丁寧な手仕事です。
作品展は22日の日曜日まで。
山下さんの人柄に触れて、器を手にしてみて下さい。
きっと、マグマの静かな鼓動が聞こえるはずです。
私には決して創れない角皿を購入しました。大切に使います。
[PR]

by k2kikiya | 2009-02-19 15:22 | 創り人

<< 想いがカタチに。 いえカフェの風景 >>