心臓がバクバク・・・。   

阿蘇を満喫して帰り道
雄大な阿蘇の山並みをSさんの車で走っている時の会話。
f0031420_17542594.jpg

A 「やっぱり阿蘇は凄いね!」
S 「うん!阿蘇坊窯の山下さんは毎日見ても飽きないらしいよ。この壮大さはやっぱり気持ちを大きくするよね」
A 「わ~~!初めての景色。この道初めて通る。雄大だ!」
S 「・・・」
しばらく沈黙
S 「安ちゃん。何かおかしい・・・。ガソリンが・・・」
A 「あ!さっきガソリン入れないと!と言ってたね」
S 「だめだ!アクセル踏んでもスピード出ない。ブレーキもきかない」

ふたりとも心臓バクバク。
周りは何もない山並ハイウエイ。馬も牛もいない。ここで車が止まったらどうするの???

S 「ユータンしよう。下まで降りて、阿蘇坊窯でSOSしよう」

この判断は正解でした。
ドキドキしながら阿蘇坊窯の前に到着。
そして、車も止まってしまいました。
10分位の下山ですが、凄くながく感じた。

運良く、山下さんの倉庫に少量のガソリンがあり、それをいただき、ガソリンスタンドまでたどり着きました。

ふう~!良かった。山頂近くの寒さの中でSさんとふたり誰に助けを求めればよかったのか。

Sさんが一番心配したことでしょう。お疲れさま。

というハプニングで南阿蘇回遊日記は終わります。
[PR]

by k2kikiya | 2009-01-07 18:08 | ひと

<< 九州コンテンポラリーアート2009 阿蘇坊窯 >>